ワードプレスを利用できる無料レンタルサーバーでおすすめは?

当ページはシーサーブログやアメーバブログなどの無料ブログからもう一つレベルアップして、無料レンタルサーバーワードプレスを利用したブログに挑戦したいけど、どのレンタルサーバーを選べばいいのっていう方に読んでもらいたい内容です。おすすめのワードプレスをインストールできる無料のレンタルサーバーを紹介したいと思います。

今回比較する無料レンタルサーバー

ワードプレスをインストールできる無料のレンタルサーバーは「ワードプレス 無料レンタルサーバー」で検索するとだいたい挙がってくるのが以下の4つです。

  • XREA Free (エクスリアフリー)
  • XFREE (エックスフリー)
  • StarServer Free (スターサーバーフリー)
  • SiteMix (サイトミックス)

SiteMix (サイトミックス)はワードプレス機能があるのですが、なんとなく付随するブログ機能の一つという位置づけなので、今回は除外したいと思います。

ちなみにワードプレスが初めての方でとりあえず試したいという方は「WordPress.com」一択でしょう。ワードプレスの最大の特徴である「プラグイン」と「テーマ」の編集ができないのは致命的ですが、とりあえずワードプレスの雰囲気をつかむのであれば十分です。

WordPress.com: 無料のサイトやブログを作成

ワードプレスサイトの運営に必要な機能やスペック

エクスリアフリーのホームページからワードプレスサイトの運営に必要な機能やスペックをピックアップしています。

容量
無料レンタルサーバーなのであまり期待できないですね。1GBもあれば十分だと思います。1GBといっても全角文字にすれば約5億文字にもなります。例えば1,000文字の記事を書くとすると50万ページ書けることになります。もちろん画像なんかも含まれるのでその通りにはいかないんですが、そう考えると1GBでも十分な感じがしますよね。画像についてはインスタやツイッター、フリッカーなんかを利用して埋め込んでもいいですしね。

1GBって全角文字何文字保存できますか? – 1 GB = 1024 MB = 1048… – Yahoo!知恵袋

転送量上限 (1日)
転送量とはサーバーとパソコン間のデータの合計量のことです。つまり、大きいほどいいです。

マルチドメイン
複数のドメインを持つことができる機能です。

サブドメイン
サブドメインを持てるかどうかです。

ドメイン数
持つことのできるドメイン数です。

MySQL/PostgreSQL
ワードプレスのデータを保存するデータベースです。

SSL
暗号化通信できるかどうか?

メールアカウント
メール機能を利用できるかどうか?

商用利用
アフィリエイトなどができるかどうか?

ワードプレスとは直接関係なく、私が個人的に気になる項目もありますが、だいたいこんなところです。

無料レンタルサーバーの比較

前述の項目をもとに冒頭の3つの無料レンタルサーバーを比較していきます。必要に応じて項目を追加します。なお、エックスフリーとスターサーバーフリーはWordPress機能で比較しています。

項目エクスリアフリースターサーバーフリーエックスフリー
容量1 GB2GB2GB
容量 (DB)1 GB50MB100MB
転送量上限 (1日)1 GB / 日
マルチドメイン
サブドメイン50個
SSH
API
ドメイン数10個1個5個
URL転送
.htaccess
MySQL1個1個5個
PostgreSQL1個
phpMyAdmin
共用SSL
独自SSL
メールアカウント
商用利用
広告表示あり (位置変更可)あり (PCなし)あり (PCなし)

これを見て一発で「エクスリアフリー」に決めた方は私と同じ考えだと思います。注目は「容量 (DB)」です。エックスフリーとスターサーバーフリーは容量が2GBと多いのですが、データベースはそれぞれ100MBと50MBなんですよね。一方エクスリアフリーはDBも含めてトータルで1GBです。

あとエクスリアフリーはSSHやAPI、SSLなど利用できる機能が豊富にあります。私の一番の決め手はSSLですね。無料アカウントのドメインでも利用できますし、独自ドメインにも無料で対応しています。メールアカウントは特に必要ないのですが、あれば使うかもしれません。エックスフリーの商用利用の可否については見つけられなかったのですがたぶんOKだと思います。

広告の表示は無料なので我慢しないといけないですね。ただ、シーサーブログのスマホで表示される広告よりは何倍もマシだと思います。エックスフリーとスターサーバーフリーはパソコンで見た場合は広告が入りません。エクスリアフリーは自動入れるか、位置を自分で決めることができます。

表にはないのですがエックスフリーは3か月ごとの契約更新手続きが必要になります。3か月なので更新し忘れということはなさそうですが、私にはかなりハードルが高いです。

無料レンタルサーバーを継続してご利用いただく場合、
3か月ごとの契約更新手続きを義務化いたします。

ドメインの価格

「エクスリアフリー」「スターサーバーフリー」「エックスフリー」はそれぞれ「バリュードメイン」「スタードメイン」「エックスドメイン」というドメインを取得したり管理しているサービスを持っています。「.com」や「.net」など、おなじみのドメインの価格を比較してみました。価格は2020年6月現在の価格でカッコ内の価格は更新時の価格です。

ドメインバリュードメインスタードメインエックスドメイン
.com760円 (1,280円)880円 (1,180円)780円 (1,180円)
.net720円 (1,480円)1,180円 (1,380円)1,180円 (1,380円)
.info299円 (1,480円)380円 (1,480円)280円 (1,480円)
.biz199円 (1,580円)1,580円 (1,580円)1,480円 (1,480円)
.org1,160円 (1,480円)1,380円 (1,380円)1,380円 (1,380円)
.xyz99円 (1,480円)30円 (1,480円)30円 (1,480円)
.work99円 (980円)
.tokyo59円 (1,480円)

「.xyz」「.work」「.tokyo」は初期費用が安く、更新費用もお手頃なので参考までに調べてみました。バリュードメインが若干高いですが、年間なので月にすると横並びといったところでしょう。ただ、スタードメインは価格の20パーセントがポイントとして還元され、1ポイント=1円として更新費用に充てられるのでかなり安くなります。

また、バリュードメインには紹介制度があり、VALUE-DOMAINのポイントシステム「バリュードメインポイント」で還元される仕組みがあります。

紹介制度について | VALUE-DOMAIN (バリュードメイン)

まとめ

3つのワードプレスサイトを運営できる無料レンタルサーバーを比較してみましたが、スペック的にも機能的にも「エクスリアフリー」が一番かなと思いました。唯一、独自ドメインで無料SSLに対応していますし、広告表示なしの有料版「XREA+ (プラス)」へのアップグレードも管理画面から簡単に行えます。

しかも、なんと「.shop」というドメインが1年間無料でついてきます。「.shop」は更新費用が高いのでよほどの目的がなければおすすめはできないのですが、ポイントは無料でレンタルサーバーに登録して、無料でドメインを操作できる体験ができるという点です。しかも1年間体験できるんです。更新は1年後に手動で行わないといけないため、更新しなければ取得したドメインは消滅します。

よくレンタルサーバーでお試し期間2週間とかありますが、まずはエクスリアフリーでサーバーとドメインの管理や運用を体験してみてもいいんじゃないかなと思いました。